キャビテーション

契約前に知っておきたい!キャビテーションエステの副作用と注意ポイント

更新日:

キャビテーションって「切らない脂肪吸引」って言われてるんでしょ。効果があるなら1度くらい受けてみても良いかな?なかなか取れないセルライトが取れるってちょっと興味がある。

同窓会や友人の結婚式までにどうしても痩せたい。

そんな風にキャビテーションを前向きに検討されている方の為に、今回はキャビテーションが本当に安全で副作用が無いのか、注意する事はないかといった内容でお話しさせて頂きます。

 

キャビテーションの安全性や副作用は?

身体の脂肪を破壊するという施術に副作用を心配する方もいますが、キャビテーションは副作用や後遺症などの報告が1度もなく、世界的に死亡事例がないとても安全な施術です。

エステだけに限らず医療現場でも使われている技術ですし、脂肪細胞以外の毛細血管やリンパ管、神経には影響が無いことも実証されています。

ただし、身体の内部に施術をする行為には変わりは無く、それがちょっとした不調として現れる事があるので、そちらを報告します。

 

キャビテーションでおこる可能性のある症状

胃腸の不調

施術を行う前後一時間に食事をすると下痢になりやすいといった感じに、胃腸に不調が現れる事があります。

これは、破壊した脂肪細胞から流れ出た脂肪が血液を通して一時的に肝臓に蓄えられ、肝臓に負担が掛かり胆汁の生成機能が落ちてしまっている為、消化が上手にいかない事が原因です。

水を多めに摂って食事は控えましょう。

身体のだるさや眠気

これらの症状を引き起こす原因も肝臓の負担が増えた事が理由です。肝臓で脂肪が代謝されていくので、負担が掛かっている状態です。

施術後3~4日は脂肪や糖分の多い食事や、アルコールやタバコなど肝臓に負担を掛けやすいものは摂取を控えるように心掛け、肝臓の代謝を促進させるようにしていきましょう。

疲れが溜まっているようならあまり無理はせず、ゆっくりお風呂に浸かって、早めの就寝を心掛けましょう。

超音波の骨伝導による耳なり

キャビテーションの施術中、超音波が骨に当りそれがキーンという金属音として頭に響く事があります。

施術が終わるとこの耳なりのような音は消えますが、人によって不快に感じる事もあるようです。ただしこの骨伝導が聞こえるということは、脂肪の破壊も上手くいっている証拠です。

血中の中性脂肪が高くなる

脂肪細胞から溶け出た脂肪は、リンパ液や血液によって肝臓に運ばれます。そのため一時的に血液中の中性脂肪が高くなる可能性があります。数日で落ち着いてくるので、あまり心配はいりません。

太りやすくなる

ちょっと待って。変じゃない?そう思われる人が多い副作用ですね。これは、本当に一時的な話です。

施術後、急に体内の脂肪が減ってしまうことで、脳が飢餓状態だと誤解してしまい、施術終了直後はカロリーの吸収が良くなり、脂肪を吸収がしようとします。

この副作用を避ける為施術後すぐや施術直前に食事をするのは控えましょう。施術後30分から施術後2時間は食事は我慢してください。

 

まとめ

以上がキャビテーションの副作用と注意が必要な点でした。

いずれも、数時間もしくは数日で消える症状ですが、気になる部分があれば、カウンセリングや契約の前にしっかりと聞いて、不安を持たずに施術する事をおすすめします。

 

-キャビテーション

Copyright© 綺麗に痩せたい!40代からはじめるキャビテーションエステ体験ガイド , 2019 All Rights Reserved.