キャビテーション

「産後のキャビテーションはいつから?」→卒乳にあわせて、はじめよう!

投稿日:

出産が終わり、キャビテーションに通いたいけどいつから通っていいんだろうと困っていませんか?

出産は身体に負担がかかるので、産後のキャビテーションは卒乳後からはじめるのをおすすめします。

この記事では、産後キャビテーションで気をつけたい3つのポイントもあわせて紹介します。

産後のキャビテーションは卒乳にあわせてはじめよう

「産後のキャビテーション開始はいつからがいいですか?」と問い合わせや、掲示板での書き込みをみかけることがよくあります。

結論からいうと産後は卒乳のタイミングとあわせて開始するのがよいでしょう。

では、他に産後のキャビテーションで気をつけるポイントは何か、3つにまとめてお伝えしていきます。

産後キャビテーションで気をつけたい3つのこと

産後、キャビテーションをするにあたって気をつけるポイントは3つです。

ホルモンバランスが落ち着くまでは効果も低い

妊娠中から、出産を経てホルモンバランスが大きく変化していきます。

とくに産後は赤ちゃんへの栄養確保が第一なので身体も栄養を溜め込みやすい状態になっています。

なので、キャビテーションをはじめとするダイエットに取り組んだとしても、効果が薄いです。

効果が高まるタイミングとして、卒乳後をめどに開始するとよいでしょう。

出産のダメージは思った以上に重い

出産のダメージというのは思った以上に重く、なかなか回復しないことがあります。

自分ではもう大丈夫だと思っていても、実際にはまだ・・・ということも。

そんなときにキャビテーションや、マッサージで身体に負荷をかけてしまうと体調を崩す原因にも。

卒乳は1年〜2年ほどでするママが多いので、身体の回復にも十分な期間と言えるでしょう。

肌が敏感になっていて荒れることも

産後はホルモンバランスの変化から、妊娠前は大丈夫だったことが、ダメになることもあります。

産後にキャビテーションを再開、もしくは通いはじめる方は施術によって肌荒れしないかをチェックしてもらうようにしましょう。

まとめ

産後は妊娠でついてしまった脂肪を早く落としたいという焦りから、無理なダイエットをする方がいます。

ですが、結果的には身体をしっかりと回復させ、卒乳後からダイエットをはじめても十分に体型を戻すことは可能です。

綺麗なママになるためにも、そして大切な赤ちゃんのためにも焦らずまずは育児を楽しんでくださいね♪

-キャビテーション

Copyright© 綺麗に痩せたい!40代からはじめるキャビテーションエステ体験ガイド , 2019 All Rights Reserved.